白髪染めはいつから?始めて染めるオススメのタイミングと染め方を紹介

今まで普通のヘアカラーをしていたけど、白髪染めを始めるタイミングっていつなの!?

白髪がチラホラ目立ってきたときに、多くの方が白髪染めを始めるタイミングについて悩まれます。
 

自分ではそんなに気にならないけどそろそろ染めたほうがいいのかなぁ?

と白髪染めを始めるタイミングに迷われている方に、白髪染めを初めて染めるタイミングを紹介します!
 

それだけではなく、白髪のいろいろな染め方や白髪染めをしなくても白髪が隠せる方法も紹介するので参考にしてくださいね。

ハサミさん
この記事では白髪染めに関するよくある質問

「白髪染めっていつから染めればいいの?」

ということにお答えしています!

ぜひ最後までご覧くださーい!


 
この記事は美容師が監修しています。

 

【この記事を監修した専門家】

【髪質改善・ヘアケア商品レビュー専門家】田端 孝文

髪質改善のプロ美容師、頭皮トラブル対策の専門家。
シャンプーをはじめとした美容商品について情報を発信中。

プロの視点で成分や効果などを解析し、使い心地などをユーザー目線でわかりやすく紹介している。


詳しいプロフィールはこちら
田端孝文の詳しいプロフィール
Twitter

スポンサーリンク

気になる白髪・・いつから白髪染めを始めるか迷っちゃいますよね?

白髪が気になるけど、いつから白髪染めを始めたらいいんだろう。

と白髪染めを始めるタイミングにお悩みの方が多いんです。

ロッドちゃん
たしかにいつから染めればいいかわからないですね。

白髪染めを始めるタイミングっていつからなんですか?


(ロッドちゃん・・美容師見習い1年目
まだ白髪染めは未経験)

ハサミさん
何歳からっていう基準はないからね

悩む方も多いんだよ


(ハサミさん・・歴20年以上のベテラン美容師
白髪染めはもちろん経験済み)
 

白髪染めを始めると

・定期的に染めないといけないので面倒くさそう
・手間がかかりそう
・一度始めるとずっと続けないといけない

このようなマイナスなイメージがあって、できれば白髪染めを染めるタイミングは先延ばししたいという方も多いんです。

美容商品メーカーのWELLAが35歳〜49歳の男女600人に実施した「女性の白髪に関する意識と実態調査」によると、白髪染め・ケアを始めた平均年齢は40.2歳という調査結果が出ています。

ロッドちゃん
じゃあ40歳頃を目安に白髪染めを始めるといいんですか?
ハサミさん
そういうことではないんだ!

続いてはオススメする白髪染めを始めるタイミングを紹介するよ!

白髪染めを始めるオススメのタイミングとは?

白髪染めを始めるオススメのタイミングは・・

「自分で白髪が気になった時が染め始めるタイミング!」

です。
 

白髪は人それぞれ生えてくるタイミングが違います。

なので、年齢で白髪染めを始めるタイミングを決めることはありません。

美容専門家
美容師 田端
実際に僕は若白髪だったので、20代前半から白髪染めをしていました。

 

白髪染めを始めるタイミングとしては

・明らかに自分の白髪が増えた思う
・周りの人に白髪が目立つと言われた
・白髪が増えて老けた印象になったと感じる

 
このようなタイミングが個人的にはオススメです!

ロッドちゃん
年齢に関係なく、白髪が増えたら始めればOKということですね!

ハサミさん
そういうこと!

 

白髪染めをすると老けるというイメージを持たれている方も多いですが、そんなことありません!

今の白髪染めは普通のヘアカラーと変わらずに染めることができますよ

白髪を染めないと老けて見える!

自分では気にならないけど、周りの人に白髪が目立つよと言われる方もいると思います。

白髪は生えてくる場所も人によって違うので、なかなか自分では気付きにくい場所に白髪が生えてくる人も多いんです。

自分以外の人に白髪が目立つと言われたら、早めに染めることをオススメします!

ロッドちゃん
なぜですか?
ハサミさん
見た目が老けて見えてしまうんだよ

ロッドちゃん
えぇ〜!

 

白髪が目立ってしまうと、見た目の年齢が4歳も上に見えてしまうんです。
 

これは先ほど紹介した「女性の白髪に関する意識と実態調査」でも紹介されています。

白髪が目立ってしまうと「疲れた」という印象になり実年齢よりも老けて見えてしまうんです。
 

白髪が少し気になっているけどまだ染めなくて大丈夫。

と思っている方は、周りの方から老けて見られている可能性もあります。

ロッドちゃん
ちゃんと白髪を染めないとそんな風に見られるなんて。。
ハサミさん
だからこそ自分の白髪が気になる、周りの人から言われたタイミングで白髪を染めてほしいんだよ。
ロッドちゃん
でもハサミさん。

白髪染めっていくつか種類がありますよね?

どの染め方がいいんですか?

ハサミさん
いい質問だね!

白髪の染め方は色々あって、それぞれメリットとデメリットがあるんだ!

続いては白髪染めの染め方について紹介しよう

ロッドちゃん
お願いします!

いろいろな白髪染めの染め方を紹介

白髪染めといっても

・白髪染めヘアカラー
・ヘアマニキュア
・ヘナカラー

 
大きく分けて3つの染め方があります。

どの染め方も白髪を染める効果はあるんだけど、それぞれ特徴が違うんです。

ハサミさん
初めて染めるタイミングだとどれがいいのか迷っちゃいますよね?

これからそれぞれの染め方について紹介するので、参考にしてくださいねー!

白髪染めヘアカラー

白髪染めの中で最も一般的なのが白髪染めカラーで白髪を染めるという方法です。

「普通のヘアカラーと白髪染めのヘアカラーって何が違うの?」

と思う方もいるかもしれませんが、基本的に同じものだと思っていただいて構いません。
 

先ほども紹介しましたが、白髪染めって暗いカラーの種類しかないと思われている方も多いのですが、今の白髪染めカラーは普通のカラーと同じように種類がたくさんあります。

明るいカラーで白髪を染めることも可能です。

ロッドちゃん
普通のカラーと同じなら、抵抗なく白髪を染めることができますね!

ハサミさん
そうだね!

 

ただし、白髪染めカラー後のヘアケアは必須です。

白髪染めカラーは普通のヘアカラーと同じように染めるので、髪の毛は必ずダメージを受けてしまいます。

ちゃんとケアをしないと、カラーがすぐに色落ちしてしまったり、髪の毛がボサボサになる原因に。

ハサミさん
しっかりケアはしてあげてくださいね。

 

白髪染めカラーをした髪の毛にオススメのシャンプーやケア方法はこちらで紹介しているので、こちらもチェックしてみてください!

グレイカラーが長持ち!白髪染めをした後の髪の毛にオススメのシャンプー10選

ヘアカラーを長持ちさせる!自宅で簡単に出来るヘアケア方法7選

 

それでは白髪染めカラーのメリットとデメリットをまとめておきましょう!

 

メリット・デメリット
メリット

・白髪をしっかり染められる
・普通のヘアカラーと同じように好きなヘアカラーが楽しめる
・白髪の染め方の中では1番長持ちしやすい

デメリット

・髪の毛がダメージを受ける
・ヘアケアが必須
・頭皮に負担がかかってしまうことも

ちなみに市販の白髪染めカラーはオススメしません

中には市販の白髪染めカラーで染めようと思っている方もいるかもしれませんね?

ただし、市販の白髪染めカラーで白髪を染めるのはオススメしません!

市販の白髪染めカラーは誰が使っても、しっかり白髪が染まるように作られています。

つまりそれだけ強力な薬が使われているということ。

ハサミさん
髪の毛はかなりダメージを受けてしまいます。

 

そしてもう1つ気をつけてほしいのが、頭皮へのアレルギーです。

市販のヘアカラーは頭皮へのダメージも強く、それが原因でアレルギーが発症することも。

美容室の白髪染めでもアレルギーを発症することはありますが、市販のヘアカラーの薬に比べると低刺激です。
 

さらに美容室で染めていると、頭皮に異常が起きた時に美容師がすぐに発見できるので、肌への被害は最小限に抑えることができます。

ヘアカラーのかぶれやアレルギーに関しては、消費者庁からも注意喚起がなされているのでこちらもご覧ください

資料:ヘアカラーによる「かぶれ」に要注意! アレルギーが突然発症することも。:政府広報オンライン
 

ロッドちゃん
やっぱりヘアカラーは美容室で染めた方がいいんですね
ハサミさん
そうだね!

ダメージが少なくキレイにキレイに染めることができるからね!

ヘアマニキュア

続いて紹介する白髪の染め方がヘアマニキュアです。

ヘアマニキュアと白髪染めヘアカラーの違いは染め方。

ロッドちゃん
どういう風に違うんでしょうか?

 

白髪染めカラーは紹介したように髪の毛の内部までしっかり染めます。

しかし、ヘアマニキュアは髪の毛の表面に色をつけるという染め方なんです。

ハサミさん
髪の毛の表面をヘアカラーでコーティングしているというイメージでOKです

ロッドちゃん
爪のマニキュアと同じですね!

 

ヘアマニキュアの良いところは、髪の毛や頭皮にダメージを与えないというところ。

髪の表面をコーティングするだけなので髪に刺激を与えるということはないんです。

ヘアカラーによるアレルギーを発症した方でも、ヘアマニキュアであれば白髪を染めることができます。
 

その代わり、シャンプーをするたびに表面のコーティングが落ちてしまうので白髪染めヘアカラーよりも長持ちはできません。

髪の毛に優しく白髪を染めたいという人に、オススメの染め方がヘアマニキュアです!
 

※関連記事

ヘアマニキュアを長持ちさせるシャンプー!人気7選を紹介!

 

メリット・デメリット
メリット

・髪の毛にダメージを与えない
・アレルギー体質の人にも安全
・肌が弱い方にもオススメ

デメリット

・色落ちが早い
・頻繁に染めなければいけない
・カラーの種類が少ない

ヘナカラー

最後に紹介する染め方がヘナカラーです。

ロッドちゃん
ヘナカラーって最近よく聞くけどどんな染め方なんですか?

ハサミさん
天然の植物成分を使った白髪染めなんだよ

 

ヘナカラーとはヘナと呼ばれる植物の成分を使用したカラーのことです。

配合されているほとんどの成分が天然の成分なので、髪の毛や頭皮に優しく白髪を染めることができます。

肌が弱い人でも安心して使えるのが特徴です。

また頭皮への保湿効果やデトックス効果があるとも言われている染め方です。
 

ただし、カラーの種類がかなり少なく、ヘナカラーを扱っている美容室が少なかったりと白髪染めカラーやヘアマニキュアと比べると、ヘナカラーで白髪を染めている方は少ないですね。

また、一度ヘナカラーに染めてしまうと、ヘナカラーの成分がなくなるまで、普通の白髪染めカラーができないということもデメリットとして考えられます。

 

メリット・デメリット
メリット

・天然の植物成分で作られている
・肌が弱い人でも安心して使える
・美容効果もある

デメリット

・色の種類がかなり少ない
・染めるのにかなり時間がかかる
・染められる美容室が少ない
・普通の白髪染めカラーにチェンジするのが難しい

 

ここまで3つの白髪の染め方を紹介しました!

ロッドちゃん
ハサミさんはどれがオススメなんですか?
ハサミさん
やっぱり白髪染めカラーがオススメかな。

カラーを長く楽しみながら白髪を隠すことができるからね!

でもヘアケアは必須だけどね!

一度白髪染めをすると頻繁に染めないといけない!?

白髪染めを始めると頻繁にカラーをしないといけないと聞いたことある方もいると思います。

実際そうなんです。

白髪染めは普通のヘアカラーに比べて頻繁に染めないといけなくなります。

ロッドちゃん
えっ!そうなんですか!

ハサミさん
絶対に染めないといけないというわけじゃないんだけどね。

 

その理由は余計に白髪が目立ってしまうからです。

一度白髪を染めた髪の毛でも、伸びてくる部分はまた白髪として伸びてきます。

そうすると、根元の白さがとても目立つので余計に気になってしまうんです。

ハサミさん
もちろんその人の生えている白髪の量にもよりますが、多くの方が伸びてきた部分の白髪を気にされますね。

 

白髪染めじゃない普通のヘアカラーは2〜3ヶ月くらいのタイミングが染める目安ですが、白髪染めカラーの場合は1ヶ月〜2ヶ月くらいに一度のタイミングで染めるのが大体の目安です。

頻繁に染めるということは、それだけ髪の毛や頭皮に与えるダメージも大きくなるということなので、しっかりヘアケアと頭皮ケアをしてあげないといけません。

ロッドちゃん
そっか。。

それを聞くと白髪染めカラーを出来るだけしないで、白髪を隠したいって人も多そうですね。

なんかいい方法があればいいですが。。

ハサミさん
僕に任せておいてよ!

もちろんそんな方法もあるんだ!

ロッドちゃん
そうなんですか!

白髪染めをしなくても白髪を隠す方法があります!

白髪染めカラーをしなくても、白髪を隠す方法はいくつかあります。
 

これから紹介する方法はこちら!

・明るめのヘアカラーに染める
・パーマをかける
・分け目をつけない
・白髪を根元から切る

 

それでは、それぞれの方法について紹介していきましょう!

ロッドちゃん
こんな方法があったなんて!
ハサミさん
ただし!

これから紹介する方法はまだ全体的に白髪が少ない方に有効な方法です。

白髪が生えているすべての方が白髪が隠せるわけではないので注意して下さいね

明るめのヘアカラーに染める

まず1つ目に紹介する方法が明るめのヘアカラーに染めるということ。

ヘアカラーが暗ければ暗いほど、白髪は目立ってしまいます。

白髪が数本目立つというときは、全体のヘアカラーを明るくすると白髪が目立たなくなりますよ。

ハサミさん
大体10トーン以上の明るさのヘアカラーの染めることをオススメします!

ロッドちゃん
ダウンタウンのまっちゃんも白髪が気になるという理由で、金髪にしたんですよね!

 

「全体的に明るくするのはちょっと・・」

という方には、メッシュカラーを入れることもオススメです。

メッシュカラーを入れることで、白髪を隠すことができますよ。

白髪を染めるのではなく、全体のヘアカラーを明るく染めて白髪を隠すという方法です。

パーマをかける

全体的にパーマをかけるヘアスタイルに変えることも、白髪対策としてオススメ!

パーマをかけて全体的に動きのあるヘアスタイルにすると、多少の白髪があっても気になりません。

ストレートヘアの方が白髪が目立ってしまうんです。

そこまで強いパーマをかける必要はありませんが、しっかりとした強さのパーマをかけることで白髪を紛らわすことができますよ。

ハサミさん
意外と知られていない白髪の対策方法です!
ロッドちゃん
白髪が気になるときは、明るめのヘアカラーとパーマでバッチリですね!

分け目をつけない

根元の部分に白髪がある場合にピチッと分け目をつけていると、生えている白髪が目立ってしまいます。

ヘアスタイルにはなるべく分け目はつけない。

もし分け目をつけるとしても、ピチッと分けるのではなくジグザグの分け目にすると白髪が生えてきても目立たなくなり隠すことができます。

ハサミさん
ボリュームのあるスタイリングにすることで、白髪が隠せますよ!
ロッドちゃん
キレイな分け目にしないように気をつけましょー

白髪を根元から切る

全体的に白髪が多くない場合
または、表面の数本が目立ってしまう場合

そんな場合は、その目立つ白髪を切ってしまえばいいんです!

ハサミさん
表面の目立つ部分の白髪1本を切るだけでも、かなり白髪が目立たなくなる効果があるんですよ

 

ただし、切るときは白髪以外の他の髪の毛を切らないように気をつけてくださいね

 

白髪染めをしなくても白髪を隠す方法

・明るめのヘアカラーに染める
・パーマをかける
・分け目をつけない
・白髪を根元から切る

 

ロッドちゃん
これは結構使えそう!
ハサミさん
実際にどの方法も実際に試している方が多いんだよ。

ぜひ皆さんもお試しくださいねー!

白髪が気になるときにやってはいけないこと!

ここまで白髪染めカラーの始めるタイミングや染め方について紹介してきましたが、最後に白髪が気になるときにやってはいけないことを紹介します。

それが白髪を抜くということです!

白髪が気になるからといって、「えいっ!」といって抜いてしまうのはいけません。

ロッドちゃん
私も白髪を見つけるとつい抜いてしまいそう。。

ハサミさん
それがダメなことなんだよ

 

白髪を抜くと増えるということは聞いたことありませんか?

実はあながち間違いではないんです。

白髪を無理やり抜いてしまうと、毛根や頭皮はダメージを受けて弱ってしまいます。
 

毛根や頭皮が弱ってダメージを受けると白髪が生える原因に。

髪の毛を抜くことで頭皮が弱ってしまい白髪が増えてしまうんです。

ロッドちゃん
絶対に白髪は抜かないようにしないといけませんね!
ハサミさん
そのとおり!

皆さんも気をつけてくださいねー!

まとめ

今回は白髪染めを始めるオススメのタイミングと様々な染め方について紹介させていただきました。

白髪染めを始めるオススメのタイミングは白髪が気になったとき!
 

白髪をそのままにしていると見た目が老けて見える原因になってしまいます。

白髪が生えてきたなぁ。。と感じたときに染めることをオススメします!

ハサミさん
白髪染めにはいろんな染め方があり、隠す方法も色々あります。

ぜひ自分にあった白髪対策方法をしてくださいね!

ロッドちゃん
私も早めの白髪対策します!!
ハサミさん
最後までご覧いただきありがとうございましたー!

ロッドちゃん
またお会いしましょう!!

 

以上(白髪染めはいつから?始めて染めるオススメのタイミングと染め方を紹介)でした!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
髪の毛のドクター 美容師 田端 孝文(たばた たかふみ)

髪の毛のドクター 美容師 田端 孝文(たばた たかふみ)

髪質改善のプロ美容師、頭皮トラブル対策の専門家として活躍。 ユーザーに合うシャンプートリートメントを選ぶ専門家・美容師 。シャンプーやトリートメントの特徴・効果を独自のヘアケア理論に基づき比較し解析。 お客様の要望を聞き、その人に合うシャンプートリートメントを必ず3つ提案することをポリシーとしている。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。 田端孝文の詳しいプロフィール 【Twitterはこちら】

無料EBook:オリジナルヘアケア
「自宅でできる8つのヘアケア方法」

キレイな髪をキープするためにはヘアケアが欠かせません!

しかし、

「ヘアケアって何をすればいいの?」
と何から始めたら良いのかわからない方も多いと思います。

他にも

「ヘアケア方法を美容師さんに教えてもらったけど、結局忘れちゃった」
「なんか面倒だし、最初の数日だけでいつも続かない」

ということも、一度は経験されたことがあるのではないでしょうか?

こちらのファイルには、

・髪の毛に優しい洗い方
・美容師オススメのトリートメント方法
・ツヤが出る髪の毛の乾かし方

など

「自宅でできる8つのヘアケア方法」

を紹介しています。

「面倒な方法だと続けられる自信がない・・」

という方も安心してください!

洗い方や乾かし方など、ヘアケアに関する基本的のことを中心に紹介しているので、難しいことは何もありません。

今日からご自宅で始められるヘアケア方法ばかり!

実際に美容師としてお客様にお伝えしていることを、そのまま紹介しています。

髪の毛のダメージが気になる
いままでキレイな髪になったことがない
いつまでもキレイな髪の毛をキープしたい!

そんなあなたのヘアケアのために、ぜひご活用ください。

無料EBookをダウンロード
無料EBookをダウンロード