ヘアアイロンやコテを毎日使う人は必ずヘアケアしましょう!

 
 
髪の毛にダメージを与えるものとして真っ先に挙げられるのがヘアアイロン・コテです。

髪の毛に悪いとわかっていながらもスタイリングの時には使う方も多いのではないでしょうか?
 
 

短時間で髪の毛に動きをつけれたり、髪型を作れるヘアアイロン・コテはとても便利ですよね!

最近では男性でもヘアアイロンを使う人も増え始めています。

しかしヘアアイロンを使う髪の毛をしっかりヘアケアしていますか?
 
 
は髪の毛の大敵です。

ヘアアイロンやコテの高温は髪の毛にすごくダメージを与えてしまいます。

必ずヘアケアをしましょう!
 
 
最近ではヘアアイロンを使う人のために色々なヘアケア商品が発売されていますが、特にオススメなのがシャンプーです!
 
 
今回はヘアアイロンを毎日髪の毛に使うというあなたに!

「ヘアアイロン・コテを使っている髪の毛にオススメのシャンプー5選」

をご紹介します!
 
 
他にも
・ダメージをそのままケアしなかったらどうなるのか?
・ダメージが出にくいヘアアイロンの使い方

など

髪の毛とヘアアイロンに関することをまとめてご紹介します!
 
 
今髪の毛がすごくパサパサという人はヘアアイロンが原因の可能性が高いですよ!
 
 
キレイな髪の毛をキープするように、ちゃんとヘアケアをしてあげましょう!!
 
 
当店人気のヘアアイロンはこちらで紹介しています↓↓

前髪を流す時にオススメのヘアアイロン6選と使い方を紹介します!

スポンサーリンク

ヘアアイロンを使う髪の毛をちゃんとケアしていますか?

美容師からすると

「髪の毛にヘアアイロンは使わないでほしい!!」

というところが本音です笑
 
 

やはりそれだけヘアアイロンを使うことで髪の毛にダメージを与えてしまうんです。

一度しか使わないというのであればまだ良いのですが、そういうわけにもいきませんよね?
 
 
しかも毎日使いながら日によっては1日に何回もヘアアイロンを髪の毛に使うという人もいます。

もしヘアアイロンを使うならその分ヘアケアをしないといけません!
 
 

そのままヘアケアせずにいると髪の毛がダメージを受けすぎて、取り返しのつかないことになる場合もあります。

ではまずヘアアイロンを使うと、髪の毛にどんな風にダメージを与えるのかを説明していきましょう。

熱は髪の毛に大ダメージ

熱は髪の毛に大ダメージを与えます。
 
 

美容院にあるメニューの中でも、ヘアアイロンを使う縮毛矯正が1番髪の毛にダメージがあるといわれています。

では髪の毛に熱を使うとどういったダメージを与えるのでしょうか?
 
 
簡単に説明いたします!

髪の毛のキューティクルが損傷

キューティクルって聞いたことある人も多いのではないでしょうか?

よくシャンプーのCMなどでも聞きますよね!
 
 

キューティクルとは髪の毛を守ってくれるバリアの機能を果たしてくれるものです!

髪の毛の周りにうろこ状になっていて外のダメージから守り、さらに髪の毛内部の栄養分もしっかりと閉じ込めてくれます。

キューティクルがあることで、ツヤのある手触りの良い髪の毛がキープできます。

ですが、そのかわりヘアアイロンの熱が原因でキューティクルが損傷してしまうんです!

キューティクルが溶けてしまう温度が150度といわれています。
ヘアアイロンは1番高い温度だと200度の温度も出せるヘアアイロンやコテもありますよね?

ヘアアイロンを使うことで、髪の毛を守ってくれるキューティクルが溶けてしまうんです!
 
 

しかし200度の温度のヘアアイロンを髪の毛に使っても1回でキューティクルが溶けて無くなることは少ないことです。
繰り返しヘアアイロンを使うことで髪の毛が溶けてしまうことに・・

一度のヘアアイロンの使用で溶けるまではいきませんが、確実にキューティクルがダメージを受けてしまいます。

 
 
キューティクルがダメージを受けると、髪の毛を守るバリアの役割ができずにさらにダメージを受けやすい状態に。

ダメージを受けた部分からは、髪の毛の内部の栄養分や水分が外に出ていってしまうのでパサパサの髪の毛になってしまいます。

中身がスカスカになった髪の毛はツヤもなく手触りも硬くなるんです。
 
 
キューティクルがひどくダメージを受けると、
髪の毛をダメージから守れない、ツヤのない硬い髪の毛になってしまうんです!

髪の毛のダメージをそのまま放っておくと?

ヘアアイロンでダメージを受けているにもかかわらずに、そのまま放っておきながらヘアアイロンを使い続けると髪の毛はどんな状態になるのでしょう?

髪の毛がボロボロに

簡単にいうと髪の毛がボロボロになります。

説明したようにキューティクルがはがれたり溶けたりすると、さらにダメージが受けやすい状態に。
 
 

しかも一度無くなったキューティクルは新しくできることはありません!

髪の毛が新たに生えてくるまで待たないといけないんです。
 
 
キューティクルがなくなってしまうまで髪の毛がダメージを受けてしまうと、髪の毛の内部がスカスカになるので
・ヘアカラー
・パーマ
・縮毛矯正

などができなくなります。

たとえヘアカラーをしても1週間もヘアカラーが持たない場合も・・
 
 
髪の毛を守ってくれるキューティクルを守る。

これがヘアケアなんです!

ヘアアイロンしても意味がなくなる

ダメージがひどい状態の髪の毛にヘアアイロンをしても意味がなくなります。
 
 
髪の毛がヘアアイロンを使っても形を記憶できなくなるんです。
 
 
ダメージを受けた髪の毛によくあるのが
ヘアアイロン→意味ない→またヘアアイロン→意味ない・・・・・

と1度に何度もヘアアイロンを使ってしまうという悪循環に。

 
 

こうなってしまうと髪の毛にダメージを与えるだけです。

ここまでの状態にならないように早めのヘアケアと対策が必要です。

縮毛矯正やパーマの方がいい

・くせ毛をストレートにしたい
・髪の毛にカールが欲しい

そのためにヘアアイロンを使うというのがほとんどの人です!
 
 

ですがヘアケアをちゃんとできないのであれば、美容室で縮毛矯正やパーマをかける方がオススメです!

もちろん縮毛矯正やパーマの後も髪の毛のためにヘアケアは必要ですが、毎日ヘアアイロンを使ってダメージを与えるよりもトータル的なダメージは抑えれます。

ヘアアイロンを使う時は同時にヘアケアもする。
 
 

キレイな髪の毛をキープする秘訣です!

もし普段からヘアアイロンやコテを使う人は、一度美容師さんに相談してみると良いですよ!

髪の毛が傷まないヘアアイロンとは?

最近では
・髪が傷まないヘアアイロン
・ノーダメージアイロン
・トリートメントアイロン

という髪の毛に良いというキャッチフレーズで発売しているヘアアイロンやコテが増えてきています。

なかには何万円もするような高価なものまで・・

 
 

しかしダメージを受けないヘアアイロンは今の所ありません!

髪の毛が傷まないヘアアイロンというのは、あくまで他のものに比べて傷みにくいヘアアイロンのことです。

髪の毛へのダメージを最小限に抑えるために色々な機能が搭載しています。

 
 

もちろん普通のヘアアイロンよりはダメージが少ないのでオススメですが、そのヘアアイロンを使っているからといってダメージを与えることも、なくなることもありません!

しっかりヘアケアしないといけませんよ!
 
 
もちろん悪い商品ではないです!
逆にしっかりヘアケアしながら、傷みにくいヘアアイロンを使うのがベストです!!

一番良いヘアケアはシャンプー!

ヘアアイロンをすることで髪の毛はダメージを受けてボサボサに・・・

ヘアケアは欠かせません!!

 
 

一番オススメのヘアケアはズバリシャンプーです!!

シャンプーは毎日髪の毛に使うもの。
ダメージをケアしてくれる効果があるものを使えば、洗うたびにヘアケアできるんです。
 
 

髪の毛をケアしてくれるものとして洗い流さないトリートメントなどもありますが、まず初めはシャンプーからスタートしましょう!

シャンプーは髪の毛のベースを作ってくれるとても大切なものです。
 
 
ではヘアアイロンで傷んだダメージをケアしてくれるシャンプーのポイントを紹介していきます!

シャンプーを選ぶ時は参考にしてください!!

保湿効果が高いシャンプー

髪の毛は高温を受けると水分がなくなってしまい乾燥してしまいます。
 
 
肌がヤケドしたときと同じ状態ですね。
 
 
そんな時には水分を与える保湿効果があるシャンプーがオススメです!

硬くなってパサパサの髪の毛にうるおいを与えてくれます。
 
 
ツヤのある髪型はしっかりヘアケアをしている証拠です!

洗浄力の優しいシャンプー

洗浄力の優しいアミノ酸系シャンプーは、最もヘアケアできるシャンプーといわれています。
 
 

ダメージを負った髪の毛に洗浄力が強いシャンプーを使うとさらにダメージが・・・
食器用洗剤で傷だらけの手を洗うのと同じことです!

想像するだけで痛いですよね笑

洗浄力の強いシャンプーについて
詳しいことはこちらをご覧ください!
洗浄力が強いシャンプーとは?特徴やメリットデメリットをご紹介!
 
 
アミノ酸系シャンプーは肌や髪の毛と同じ弱酸性で刺激がありません!
髪の毛についた汚れをキレイに洗い流してくれます。

そのほかにも
・ノンシリコンシャンプー
・オーガニックシャンプー

といわれる天然の成分がたくさん使われているシャンプーなら、優しく洗えてしっかりヘアケアできるシャンプーなので問題ありません!
 
 
キレイな髪の毛をキープしたいならシャンプーの成分に注目です!!

ヘアアイロン・コテを使っている髪の毛にオススメのシャンプー5選

どのシャンプーを使えばいいの!!
というあなたに!!
 
選りすぐりのオススメのシャンプーを紹介いたします!

 
 

ヘアアイロンを使った髪の毛に良い

・保湿効果
・洗浄成分の優しい

2つのポイントをおさえたシャンプーばかりです!
 
 
実際に使った方の口コミも一緒にご紹介いたしますのでぜひ参考にしてください!

1:アデューラアイレ01 エモリエントCMCシャンプー リゼ


引用:http://www.mucota.co.jp/

250ml 2000円(税別)

Global Beauty Japan
ムコタ アデューラ アイレ01 エモリエントCMCシャンプー リゼ 250ml

楽天
ムコタ アデューラアイレ01エモリエントCMCシャンプー リゼ250ml
 
 
パサパサになった髪の毛に弾力を与えてくれるシャンプーが、このアデューラアイレ01 エモリエントCMCシャンプー リゼです!!

8種類のアミノ酸が髪の毛のダメージを集中補修!
配合されているCMCとよばれるタンパク質が、はがれたキューティクルを髪の毛にぴったりとくっつけてくれます。
 
 

髪の毛をサラッとした質感に変えてくれますよ!

オススメです!!

口コミ

控えめな香りで優しく、泡立ちも良い。
「なんかいい香りがする」と言われたことも。
縮毛矯正をした髪で使っているが、
今まで使ってた市販のものだと縮毛矯正をかけて3ヶ月くらい経つとパサパサになっていたが、
こちらだと完全ではないけどパサパサになるのを抑えてくれているような気がする。
引用:https://www.amazon.co.jp/

2:ケアテクトHB リペアシャンプー


引用:http://www.napla.co.jp/

300ml 2000円(税別)

Global Beauty Japan
ナプラ ケアテクトHB リペアシャンプー 300ml

楽天
ナプラ ケアテクト HB リペアシャンプー /300mL 【 シャンプー ダメージケア 】
 
 
天然ハーブの洗浄成分が配合しているノンシリコンシャンプーです。

シリコンが入っていないので髪の毛にイヤなベタつきはありません!
 
 

髪の毛の内部にある成分「ケラチン」が配合されているので、ダメージを受けることでスカスカになった髪の毛にハリとコシを与えてくれます!

配合された天然のオイルが髪の毛をしっかり保湿。

このシャンプーを使った時からしっとりした手触りが実感できますよ!

口コミ

リペアな時ほど髪がきしんだりしやすいのでシリコン系でコーティングしちゃった方がいいのかなって思っているのですが、この商品のすごいところはシリコン入っていないのにシリコン入ってるくらいコーティングできてるんですよ。
「髪の内側から補修」
って何か別のCMでやってましたが
これは内側も外側もやってくれます。

シリコンのようなものじゃなくそもそも浸透しやすいものや保湿が強いものが入っているので贅沢です。
引用:https://www.amazon.co.jp/

3:カラーケアシャンプー スウィーティア


引用:http://www.hoyu-professional.com/product/care/promaster-color-care.html

200ml 1000円(税別)

Global Beauty Japan
ホーユー プロマスター カラーケア シャンプー【スウィーティア】 200ml

楽天
プロマスター カラーケア シャンプー スウィーティア 200ml

 
 
熱ダメージで硬くなった髪の毛をしなやかに柔らかくしてくれるシャンプーが、カラーケアシャンプー スウィーティアです!

このシャンプーはヘアアイロンやドライヤーなどから受けた、熱ダメージのことを考えて作られたシャンプー!
 
 

配合されている熱ダメージケアオイルが、髪の毛をしっかりコーティングしてくれるので熱から守ってくれます。

オイル成分がしっかり髪の毛に浸透するので、柔らかい質感の髪の毛に育ててくれます!
 
 
フルーティスウィートの香りも人気です!!

口コミ

カラー、アイロンのダメージで痛んで硬くなっていた髪がこちらのシャンプーで柔らかくなった!ドライヤーで乾かす時間も短縮されました!また購入します!
引用:https://www.amazon.co.jp/

4:ボタニスト ボタニカルシャンプー


引用:http://botanistofficial.com/

490ml 1400円(税別)
 

楽天 【BOTANIST ボタニカル シャンプー・トリートメント】

amazon ボタニカルシャンプー

 
髪の毛を保湿したい!うるおいが欲しい!!

と乾燥、パサつきが気になる方にはボタニカルシャンプーのモイストがオススメですよ。

成分にたっぷりとオイルが入っているため保湿効果は抜群です!

 
 

ボリュームが出るようなくせ毛の人には特にオススメ!

しっとりまとまる髪の毛になります!

口コミ

泡立ち良好。

香りも甘い中にスッキリとしていて良い。おいし過ぎないといいますか。
アミノ酸系やノンシリコン系は泡立ちが悪いものもありますが、これはちゃんと泡立ちます。

日本人は子供の頃から髪洗いすぎなので、脂がいっぱいでる体質になって、なんだかんだ日本製が合うと思います。
そんな中ボタニストは市販品では頭一個ぬけてるんではなかろうかと私的には思います。
引用:https://www.amazon.co.jp/

5:キーズ シャンプーH


引用:http://www.beautyexperience.com/

275ml 2000円(税別)
 

楽天 モルトベーネ キーズ シャンプーH 275ml

amazon キーズ キーズ シャンプー H 275ml

 
こちらも熱のダメージに対応したシャンプーです。

ヒートプロテインを配合しているので熱に強く、熱によるダメージをケアしてくれます。

ヒートプロテインのスゴイところは、熱に反応して髪の毛のコーティングがさらに強くなること!
 
 

ドライヤーやヘアアイロンを使う時に髪の毛をガッチリガードしてくれます。

潤いも与えてくれるので、ごわつく髪の毛をまとまりやすい髪の毛に。

口コミ

サロンの方に、縮毛矯正をしているのなら、こちらの方が・・と
自分で選んで使っていたシリーズからこのHに変更してみたのですが、
翌日の手触りなど劇的に変わりました!

泡立ちが良く、櫛の通りも良く長年、気に入って使っています。1度、使ってみて下さい
引用:https://www.amazon.co.jp/

ヘアアイロンを使うときに気をつけること

ヘアアイロンの高温が髪の毛にダメージを与える大きな原因ですが、使い方にも気をつけなければいけません。

もし使い方が間違っているとさらにダメージを与えることに。
 
 

「ヘアアイロンの温度は低くしているけどダメージが・・」

という人は使い方が原因かもしれません!

温度

やはりヘアアイロンを使う時は温度が大切です!

あまり温度が高すぎてもダメージを与えてしまいますし、低いと髪の毛が形を記憶できません。

 
 

ズバリ!

ヘアアイロンの適正温度は170℃です!
(髪の毛が細い方は150℃をオススメします)

170℃の温度があればどんな髪の毛でもヘアアイロンの効果があります!
 
 

どうしても高温じゃないとストレートの髪にならないくせ毛は、そのくせが強い部分にだけ高い温度のヘアアイロンを使いましょう!

ぜひ今日から実践してくださいね!

同じ場所に何度も使わない

同じ場所に何度も使うとキューティクルが溶けてしまう可能性が・・

理想は1回でサッと通して仕上げることです。
このときにあまり時間をかけてもいけません。
 
 

なるべく素早く、できるだけヘアアイロンを髪の毛に使う時間が短いのが理想です!

髪の毛をしっかり乾かして使う

実はコレものすごく危険なことなんです。
 
 
髪の毛に水分がある状態でヘアアイロンを使うと
「ジュッ!」と音を立てて蒸気が上がった経験ありませんか?

髪の毛が長くて乾かすのが大変な女性には多いと思います。

 
 

このとき髪の毛内部では爆発が起きているんです。

髪の毛が濡れている時は内部に水分がある状態です。
この水分がヘアアイロンの高温で一気に膨らみ、蒸発します。

髪の毛の中で爆弾が爆発するのと同じことが髪の毛でも・・
 
 

目には見えませんが爆発により髪の毛に穴が空き、そこから栄養素も水分も何もかもが外に流れ出てしまうことに。

絶対にヘアアイロンをする時は髪の毛が乾いた状態で行いましょう!

強い力で引っ張らない

ストレートアイロンを使う方に多いのですが、髪の毛のくせを伸ばしてまっすぐにする時に強い力で引っ張るのはやめましょう!
 
 

あまり強い力で髪の毛を引っ張ったり、挟んだりするとキューティクルがはがれてしまいます。

ヘアアイロンを使う時は、軽く挟んで優しく滑らせるように使うと髪の毛への負担が減らせますよ!
 
 
心当たりのある方は気をつけてくださいねー!

正しいヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンは正しく使えばすごく便利なものです。
(ここまでダメージの話しかしていませんが笑)
 
 
正しくヘアアイロンを使うことでダメージを最低限に抑えることができますよ。

髪の毛に優しいヘアアイロンの正しい使い方を紹介いきましょう!

1:まずは髪の毛をブラッシング

ヘアアイロンを使う前に必ずブラシで髪の毛の絡まりをなくしましょう!
 
 

髪の毛が絡まった状態でヘアアイロンを使用しても、熱が均一に行き渡らないのでキレイに仕上げることができません。

絡まった部分がちぎれてしまうこともあります。
 
 
さらにブラシを使うことで、髪の毛の表面にあるキューティクルが整うので髪の毛をキレイに見せることもできます。

2:短時間でサッと使う

設定温度は170℃で時間をかけずにサッとヘアアイロンを使います。

もちろん髪の毛のために優しく挟んで使ってくださいね!
 
 

一度ヘアアイロンを使ったところにはもう使わないように、ヘアクリップを使ってあらかじめ髪の毛を分けておくとやりやすいです。

時間をかけないように使うのがポイントです!!

3:最後にドライヤーで冷風を

髪の毛にヘアアイロンを使い終わったら冷風を当てるのがオススメです!
 
 
最後に冷風を当てることでキューティクルが引き締まるので、ヘアアイロンでつけた動きが長持ちしてくれるんですよ!!
 
 
仕上げに冷風!
崩れない髪型をつくるためには欠かせないポイントです。

まとめ

今回は
ヘアアイロンのことやダメージのこと
ヘアアイロンを使っている髪の毛にオススメのシャンプーをご紹介しました!

 
 

高温のヘアアイロンやコテはどうしても髪の毛に負担をかけてしまいます。
ダメージを受ける髪の毛をそのまま放っておくと取り返しのつかないことに・・

ヘアアイロンを使うときは一緒にヘアケアも始めましょう!
 
 

途中で紹介したヘアアイロンの正しい使い方をすると、ダメージを最低限に抑えられるのでオススメですよ!

ヘアケアはシャンプーから始まります!
 
 

今回紹介したシャンプーを使い続ければ、熱のダメージを予防しながらダメージをケアできます!

一度使ってみて体感してください!!
 
 
といっても髪の毛にために、たまにはヘアアイロンを使わない日もつくってあげてくださいね!
 
 

以上(ヘアアイロン・コテを毎日使っている髪の毛にオススメのシャンプー5選)でした!

スポンサーリンク